石川県立図書館ホームページ 最初に戻る 前に戻る

ローエル
1855~1916
明治・大正



関連する資料は 17件です。
該当件数 17件中
1~17件を表示
並び順
No.
文献名/出典 請求記号 出版年
1 『ふるさとのしおり』 P68  
2 「北国新聞」 昭和57年1月8日 P17  
3 「パーシヴァル・ローエルと立山および針の木峠」『能登-人に知られぬ日本の辺境・ローエルの生涯』  
4 『立山信仰の歴史と文化』(高瀬 重雄/著)P434~457 (昭和56年3月) 163.1-5 
5 「ローエルと私」 宮崎 正明「北国帯」1998年7月 №150 p9-11  
6 「百年前の良き田舎 パーシヴァル・ローエルの『NOTO』」『旅の図書館』 高田 宏/著 p19~32 902.5-10002 
7 「天文学者ローエルが見た100年前の北陸」宮崎正明/著「月刊北国アクタス」第128号(2000.2)P12-19  
8 「パーシヴァル・ローエルが見た七尾北湾」『自然人』第31号(2011.12)P25  
9 「旅から見える日本人の原風景」田口ランディ『週刊朝日』2004年10月15日号P110 シユ-2004 
10 『ふるさとの星 越中の星ものがたり』(1991.6)P55 443.8-10014-1 
11 「能登を訪れたジャパノロジスト―ローエルの編集長―」鬼塚史朗『石川自治と教育』第638号(2010.2-3)P50-53  
12 「ローエルが見たNOTO」『グラフいしかわ』第86号(1992.8)P3-7  
13 『加賀能登の文学』(1972)P171-178 K904-5 
14 「パーシバル・ローエルの「能登」について」藤田福夫『新鵜』第4号(1957.12)P2-4  
15 「世に知られぬ日本の片隅能登(1891年)」パーシヴァル・ローウェル(池亮吉訳)『新鵜』第4号(1957.12)P4-13  
16 「世に知られぬ日本の片隅能登(1891年)」パーシバル・ローエル(池亮吉訳)『新鵜』第5号(1958.3)P50-59  
17 「アメリカと金沢―両文明交流史の一局面―」大沢衛『アメリカーナ 人文・社会・自然』第56号(1960.5)P63-69 アメ-1960